やすだ やそい

安田八十五 Dr. Yasoi YASUDA

(関東学院大学経済学部教授)
個人ホームページにようこそ!

 -環境政策学の研究・教育と社会的活動のホームページ-

ここでは、安田八十五の研究・教育に関する最近の活動等を紹介しています。


ドイツのエネルギードキュメンタリー映画
「第4の革命」上映会


開催のご案内
目的:フクシマ原発事故を経験した私達当事国日本こそが「段階的な脱原発」を選択し、再生可能エネルギーへの「エネルギーシフト」を実現すべきと考えます。そのヒントが一杯詰まったドイツのエネルギードキュメンタリー映画「第4の革命」を通じて、我国の仕組みや将来を変えていける可能性を実感し、生き方や暮らし方もシフトしていくことを考えてみたいと思います。
記:
日程: 2012年6月19日(火):午後12:50―14:30(約100分)
内容:上映前挨拶と解説(約5分):滝澤 博(実行委員・予防医学指導士)
映画「第4の革命」の上映(約83分)(=1時間23分)
感想と総評(約12分):安田八十五(実行委員長・経済学部教授・工学博士)

開催場所:関東学院大学金沢八景キャンパス・ベンネットホール(SCC館4階)
参加対象者:関東学院大学生・その他の大学生・一般の参加は不可。
参加費:無料

募金の御願い:今回全国一斉同時上映ウイークの目的の一つに東北地方に再生可能エネルギーの発電装置を寄贈する為の寄付金を募集したいと思います。勿論任意で結構ですので、募金活動へのご理解、ご協力をお願い致します。

主催:関東学院大学「第4の革命」上映実行委員会
共催:関東学院大学キリスト教と文化研究所・「依存症と環境神学」研究グループ

......
画像クリックで拡大


あしぶね乗船会のお知らせ

大人も子どもも一緒になって、力を合わせて作ったあしぶねの乗船会を次の日程で開催

します。当日、会場にお集まりください。たくさんのご参加をお待ちしております。

                 日時    2012年4月14日(土) 9時〜12時

                                小雨決行、荒天の場合15日(日)に延期                       

                        会場    関東学院大学金澤八景キャンパス前(ボート部乗り場) 

侍従川水路(平潟橋近く)

ポスター


横浜・内からの文明開化をめざして
:依存症社会からの離陸

―横浜開港150周年記念と関東学院創立125周年記念
社会的意義と課題―


ワード版 PDF版


池子米軍住宅問題はどうなっているのか
■7/4(土)1時開場 入場無料・参加申込不要
■報告1:30〜六浦地区センター
 フィールドワーク 3:30〜4:30
  詳しくはPDF

ヨコハマにはLRTがよく似合う!」
1.日 時  2009年6月20日(土)13:00〜16:00 
2.会 場  関東学院大学・関内メディアセンター会議室 

詳しくはPDF  


横浜プリンスホテル跡地問題の現地見学会と意見交換会
2009年5月24日(日)13:20−16:00
会場:磯子公会堂研修室 13:20磯子駅集合
横浜プリンスホテル跡地問題の現地見学会と意見交換会のチラシを添付します。
是非ご参加をお願いします。
チラシPDF

横浜の緑を守るシンポジウム
緑を破壊する開発と住民運動
 ― シ ン ポ ジ ウ ム 内 容 (案)―
1 基調講演:安田八十五(関東学院大学教授):横浜の緑の現状と課題
―横浜の緑と森を守ることの価値と方法―(仮題)
2 横浜プリンスホテル跡地高層マンション建築計画(風致地区などの高さ規制以上の31mマンション建設)
3 瀬上沢・上郷開発(市街化調整区域の大規模都市開発)
4 南区永田北住宅開発(大規模開発逃れの細切れ開発)
5 金沢区柳谷戸(斜面緑地マンション)
6 首都圏最大の生態系を残す池子の森・米軍住宅追加建設
7 斜面緑地の地下室マンション規制運動の経験に学ぶ

■ 5月16日(土)13:30〜16:30
■ いせやま会館(桜木町紅葉坂、市従会館横)

詳しくはこちら


「横浜みどりアップ計画説明会」及び
「緑や森を守った市民運動に学ぶシンポジウム」


2009年2月14日横浜市六浦地域ケアプラザ多目的ホール
詳しくはpdfファイルで

『池子の森』自然観察会』
日時: 2008年12月14日(日)9:30−12:00(予定)
      集合:京急六浦駅西口9:30(千光寺9:45集合)
コース  六浦駅西口→千光寺→果樹園
主 催:池子の森を守る会
詳しくはpdfファイルで

地球シミュレーターの現地体験実習
(担当講師)鈴木 力英(海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター)
関東学院大学経済学部特別講義 人間と環境「環境フィールドスタディT・U」
2008年6月24日(火) 09:00 〜 12:10
会場:海洋研究開発機構 横浜研究所
詳しくはpdfファイルで


アルコール依存症と自助グループ」
―自助の共同体という資源:日本におけるAlcoholics Anonymousの位置―
<関東学院大学「依存症とキリスト教」研究プロジェクト第7回研究会のご案内>

関東学院大学キリスト教と文化研究所「依存症とキリスト教」研究プロジェクトでは、「依存と自立」という視点から「依存症の病理」を研究しています。Alcoholics Anonymous(AA・匿名のアルコール依存症者の自助グループ)の研究を踏まえて、日本における飲酒(飲酒問題)の歴史と禁酒・断酒に取り組む人々の位置について検討したいと思います。7回研究会を下記のように開催しますので、ぜひご参加をお願いします。
1.   日 時: 2008621日(午前10:00−
2.   場 所:関東学院大学キリスト教と文化研究所
3.   内 容:@葛西賢太(客員研究員・宗教情報センター・文学博士
「自助の共同体という資源−日本におけるAlcoholics Anonymousの位置−」
A今後の研究計画
4.    主催:関東学院大学キリスト教と文化研究所「依存症とキリスト教」研究プロジェクト

詳しくはpdfファイルで


地球温暖化防止 ―横浜からの取組みー
5月17日(土)13:30〜16:30 いせやま会館204
詳しくはpdfファイルで

関東学院大学公開セミナー
依存症研究の第1人者「斎藤学博士」来る!
テーマ「精神科医から見た依存症の本質と対策」

1. 日時:2008年3月22日(土)
2. 会場:関東学院大学金沢八景キャンパス・フォアサイト21棟2階F201教室

詳しくはpdfファイルで


五木寛之「自力と他力」と安田八十五「依存と自立」
―「依存と自立」と「他力と自力」:依存症社会論序説(2)―
<関東学院大学「依存症とキリスト教」研究プロジェクト第5回研究会のご案内>

1. 日 時: 2008年2月8日(金)午後18:00−20:00
2. 会 場: 関東学院大学KGU関内メディアセンタ−

チラシPDF版はこちらから


2008新春LRTフォーラム
横浜の公共交通を考える


● 日時:2008年1月26日(土) 12:30開場 13:00開始〜16:00終了
● 会場:関東学院大学・関内メディアセンター会議室

詳しくはpdfファイルで
公開研究会 有吉忠一と関東学院

元神奈川県知事有吉忠一氏は、現在の三春台の関東学院中学校・高等学校の土地を関東学院(中学関東学院)のために斡旋してくださいました。クリスチャンだった有吉知事と、中学関東学院の創設に関わったテンネー宣教師や坂田祐と何らかの関係があったのではないかと考えられます。
 講師の松本洋幸氏は、九州大学大学院博士課程で学んだのち、横浜開港資料館に調査研究員として勤務しておられます。日本近現代史が専門で、有吉忠一の資料に精通しておられ、2007年8〜10月に開催された「昭和の幕開け 大横浜を築いた市長有吉忠一」と題する展示を企画され、有吉についての講義もなされました

?日時  2008年1月26日(土)10:30〜12:30
?講師  松本洋幸氏(「横浜開港資料館」調査研究員)
?会場 KGU関内メディアセンター

詳しくはpdfファイルで

「地球環境問題から横浜の緑を考える」シンポジウム

横浜市は150万本植樹行動を提起していますが、実際には、開発業者や米軍のために緑の7大拠点を破壊し、大量の樹木を伐採しようとしています。地球温暖化は待ったなしの状況です。横浜の今ある森をこれ以上破壊させず守るため、森の大切さを知り、手をつなぎ、地球温暖化に歯止めをかける必要があります。是非ご参加をお願いします。 
1. 日 時: 2007年12月1日(土) 午後13:30−16:30(開場13:00)
チラシ(ポスター)はこちらのpdfで。

 

米軍住宅増設をやめさせ基地返還を
自然と緑の宝庫・池子の森を守りましょう 

秋の池子の森自然観察会
池子の森は鳥たちの天国。周辺を含め140種を確認しています。昆虫類808種など豊かな餌があり、食物連鎖が働き、その頂点に絶滅危惧種のオオタカなど鷲鷹類やフクロウなどの猛禽類が生息しています§池子の森は博物館§三浦半島に生育する植物約1000種の7割以上の736種が存在し、円海山地区の1.8倍。(世界遺産の屋久島でも1500種)§秋はカラスウリ・ムラサキシキブ・サネカズラ・マユミ・ウラシマソウなど実のなる植物を見ることができます。§首都圏の中で広大で貴重な森ー秋の池子を楽しみましょう。

日時 2007年11月11日(日)    
集合 京急六浦駅西口(千光寺には9時45分集合です)
コース  六浦駅西口→千光寺→果樹園

 

「大学生の引きこもりと依存性」
―関東学院大学「依存症とキリスト教」研究プロジェクト第3回研究会のご案内―

最近、大学生の間にも、成績不振者、その原因としての不登校・引きこもり等がかなり見られるようになりました。関東学院大学キリスト教と文化研究所「依存症とキリスト教」研究プロジェクトでは、このような大学生などの若者に発生している依存症に関しても研究を進めています。「大学生の引きこもりと依存性」に焦点を当てて、第3回研究会を下記のように開催しますので、ぜひご参加をお願いします。
「依存症とキリスト教」研究プロジェクト代表・安田 八十五

1. 日 時: 2007年11月8日(木)午後18:30−
2. 場 所:関東学院大学キリスト教と文化研究所
関東学院大学金沢八景キャンパス2号館3階
詳しくはPDFファイル

 

瀬上沢開発を考えるシンポジウム

横浜市南部の円海山地域、瀬上沢付近の市街化調整区域の豊かな自然を守るために、「上郷開発(瀬上沢周辺」について」本当に今その開発が必要なのか、シンポジウムで皆様と共に考え、その問題点を明らかにしていきましょう。

■9月15日(土) 1時30分〜4時30分 (開場1時)   
■栄公会堂一号会議室

詳しくはワードファイルをガウンロードしてください。

 

中国における廃棄物リサイクルと
草原砂漠化対策の植林活動に関する海外現地実態調査団

                 期 間:2007年8月22日(水)〜9日1日(土)(10泊11日間)
           
日程表⇒ワードファイル

 

「アジア各国におけるごみリサイクル問題とアジアの資源循環」公開シンポジウム

2007年6月22日
ご案内
 日本においては、容器包装リサイクル法が改正されましたが、ペットボトル等が中国などに有償で輸出されるなど、一国完結型の資源リサイクルシステムは機能しなくなっております。また、韓国・中国においても自動車リサイクル法が整備されるなど、アジアでは、国際的な資源循環政策を考える必要があります。そこで、下記のような「アジア各国におけるごみリサイクル問題とアジアの資源循環」公開シンポジウムを計画しました。是非、ご参加をお願いいたします。

1. 開催日時:2007年7月20日(金)14:30−18:00
2. 会場:関東学院大学関内メディアセンター(横浜メディア・ビジネスセンター8階)
    〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 
   (JR関内駅徒歩5分・地下鉄みなとみらい線馬車道駅または日本大通り駅  徒歩3分)TEL 045-650-1131  FAX     045-650-1132
    詳細地図(交通案内)は:http://media.kanto-gakuin.ac.jp/koutsuu.html 
3. プログラム(予定)出演者:講演題目(仮題)
   14:30−15:15 基調講演:安田 八十五(関東学院大学経済学部教授):
                        「アジア各国におけるごみリサイクル問題がアジアの資源循環に与える影響と課題(仮)」
   15:15−15:45劉 庭秀(東北大学准教授):「韓国の自動車リサイクル制度を巡る議論(仮)」
   15:45−16:15 大村 道明(東北大学助教):「日韓の自動車リサイ クル制度がアジア諸国に与える影響(仮)」
   16:15−16:45 李松林(関東学院大学P・D研究員)「日中間における廃棄物の越境問題と地域経済へのインパクト」
   16:45−17:00  休憩
   17:00−18:00 パネル討論(講演者全員)
                      司会:安田 八十五(関東学院大学経済学部教授)
5.先着順90名。参加費は無料。申し込みは不要ですので、直接会場に来てください。

 

環境行動都市『金沢八景』の持続可能性を探る

〜 第3ミレニアムの金沢八景地域のあり方をさぐるシンポジウム〜  
関東学院大学からの情報発信:
 
関東学院大学特別講義:人間と環境「環境フィールドスタデイ」・

大学院・環境経済学特殊講義の合同研究発表会

日時:2007年7月17日(火)10:00−12:00  
会場:関東学院大学 金沢八景キャンパス フォアサイト21棟
6F601教室  
交通:京急電鉄金沢八景駅 徒歩約
10分または関東学院循環バスで約5分  
開催趣旨:「金沢八景を思う人々の声が聞きたい・・・。金沢八景に関わる大学生・大学院生の研究発表を叩き台に意見交換をしてみませんか?」

調査研究の統一テーマ:金沢八景地域の総合的野外調査研究  
プログラム:

============================================================
 関東学院大学経済学部共通科目『人間と環境「環境フィールドスタデイT・U」』(3・4年生)および大学院・環境経済学特殊講義の合同研究発表会を下記の要領で開催します。  
何も分からないところから、3ヶ月程度で何かまとめようというわけですから、皆様方にお聴きいただくのも恥ずかしい位ですが、「環境野外調査研究」に関する授業の一つのあり方としてご覧いただき、また御批評をいただいて今後の授業改善に役立てたいと存じます。

共通テーマ:  
横浜金澤八景地域における森と川と海の持続可能な環境保全のあり方と政策提言
第1班:『池子の森』に関する地元住民の意識構造から池子問題を考える(仮題)
 
第2班:『野島海岸』における実態調査による漂着ごみの特徴と対策(仮題)
 
第3班:レジ袋有料化政策の効果に関する測定と評価―生協六浦店における実態調査から−(仮題)

 

『池子の森』における住民意識の構造から見た環境の経済的価値に関する測定と評価

『池子の森』の環境価値評価に関する2006年度CVMアンケート調査結果速報値による分析と政策提言―  

安田 八十五 ・ 丸茂 信行

pdfファイル

■池子アンケート調査結果の要約版⇒pdfファイル

内容の目次:

1997/8/15創設  2007/11/20 更新

■2007年度「池子の森の生態学」:講演と現地野外調査実習 2007年5月1日

■「地球環境問題を横浜ローカルで考え、行動する」シンポジウム
 注・日程変更2007年2月3日(土)13:00−16:00に日程が変更になりました。 
 関東学院大学横浜関内メディアセンター803号室⇒詳細(ワードファイル)

■2007年、年賀状⇒ワードファイル

池子アンケート調査のお願い文書とアンケート⇒お願い(ワードファイル)アンケート(ワードファイル)

■「キリスト教と日本の精神風土」2006年度第2回研究会 2006年11月25日(土) ⇒詳細(ワードファイル)

「池子の森を含む金沢八景・平潟湾周辺地域における地形・地質の特徴」に関する研究会が、2006年12月6日(水)から、2006年12月20日(水)午後13:30〜15:30に変更になりました。 関東学院大学で開催されます。是非、ご参加をお願いします。詳しくは⇒こちら(ワードファイル)

池子米軍家族住宅新設基本設計に関する技術提案書が、公募入札されました。下記の横浜防施設局のHP をご覧下さい。
http://www.dfaa.go.jp/yokohama/kensetsu/yokohama/koukoku/gyoumu/koubopro/yokohama_g_kop_1016.pdf

10月29日(土)「金沢水の日・エコマネーによるゴミ探検隊」のチラシ

2006.10.21池子自然観察会

安田八十五ゼミ重要ニュース:2006年8月9日

2006年度関東学院大学安田八十五ゼミナール合宿 2006年8月21日(月)〜8月22日(火)

関東学院大学経済学部安田八十五ゼミナー 2006年度7月ー9月の活動予定(第2次案)

CLG12ステップ第1回全国交流集会 2006年7月31日

環境行動都市『金沢八景』の可能性を探る 2006720

「池子の森」の現地野外調査  ―池子の森の価値を探るー 開催日時:2006年7月1日(土)

池子・金沢・円海山・横須賀の環境を守るシンポジウム―横浜・金沢・横須賀の環境が危ない:今ならまだ間に合う!
―2006年6月17日(土) 会場=横浜市立大学ビデオホール
基調講演:安田八十五 『池子の森を守ることの地球的・世界史的意義―池子の森の価値は世界遺産クラス-』

■「容器包装リサイクルへの拡大生産者責任の導入可能性」公開シンポジウム 2006年3月2日
基調講演−日本型EPRの制度化に関する政策提言−
拡大生産者責任(EPR)を導入した場合における容器包装リサイクル費用配分の政策シミュレーション 
―環境省重点研究成果―
未完成(禁無断転載)  

−日本型EPRの制度化に関する政策提言企画書(案)2006年2月27日

『池子の森』における環境の経済的価値に関する測定と評価 −『池子の森』の環境評価に関するアンケート調査結果の分析と政策提言― 
 
2006年4月7日最終版

『池子の森』アンケート調査報告 &原子力空母配備問題報告会 2006年1月14日(土)14時〜16時30分


『横浜の政策課題と将来展望を考える』シンポジウム ―横浜中田市政の問題点を徹底検証する―
: 2005年11月19日(土)13:00−16:00


『横浜市新規ごみ最終処分場は本当に必要か?』疑問シンポジウム:2005年10月14日(金)14:00−17:00

『容器包装リサイクルと拡大生産者責任』シンポジウム:2005年10月7日(金)14:00−17:00

学期末・学年末最終レポートの書き方(安田八十五の講義

最優秀最終レポート(青山学院大学・ベニスを救え

謹賀新年:2005年新春のご挨拶

池子の森」の現地野外調査:2005年1月15日(土)09:45−14:30頃:2004年12月31日現在の参加者数は50人:

環境省プロジェクト:容器包装の分別収集・処理に係る拡大生産者責任の制度化に関する研究(K1601)

カトリック森一弘司教の講演会:2005年1月26日(水)15:00-17:00

池子の森を守る会:ホームページ

池子の森に関する安田八十五の論文


池子塾:池子の森を守る総括シンポジウム:2004年12月11日(土)13:00−16:00

安田八十五の大学講義(新設)


2004年度開設科目(新設)

総合講座『横浜論』(2004年度)(新設)

環境論A(2004年度)(新設)

青山学院大学環境経済学シラバス(講義概要)(新設)

池子塾:池子の森を守る連続セミナー2004年9月27日(月)18:30−から12月12日(土)13:0−まで計5回 

池子の森への米軍住宅建設問題についてのアンケート調査

エコマネー(地域通貨)によるごみ探検隊:関東学院大学ふれあい祭り:2004年8月22日(日)10:00−16:00

池子の森を守るシンポジウム:2004年7月31日(土)13:30−

横浜環境行動都市金澤八景シンポジウム:2004年7月30日(金)17:00−

横浜ごみ問題シンポジウム:2004年2月29日(日)13:00−17:00

環境政策フロンテイアシンポジウム:2004年3月6日(土)13:30−16:30

2003年度開講科目の紹介(新設)

総合講座『横浜論』を開設(新設)

神奈川県知事選挙のページ(新設)


道路公団民営化問題の世界論文

最新学術論文「東京湾横断道路建設プロジェクトの社会的費用便益分析による評価」を掲載(pdfファイル)

横浜市政・市議会をチェックする会 を新設

マクロエンジニアリング学会ごみ問題シンポジウム:2002年8月28日(水)13:30−

横浜市議除名問題調査結果公開報告会:2002年8月31日(土)18:30−



目次:
プロフィール
地元横浜・神奈川での活動
横浜市政・市議会をチェックする会
キリスト教の紹介
神津 十月・安田 八十五:対談「気がつけば,東京湾は母胎のようであった!」(TC2001年7月)
安田 八十五 ・亀岡 誠:対談「横浜のアイデンティティ 」(月刊誌「浜っ子」1988年(昭和63年6月号)
「安田 八十五のトップシート対談」(月刊誌「浜っ子」1990年(平成2年)1月号ー11月号連載
スーパーアメニティ都市"横浜"の虚像と実像 by 安田 八十五、 地域開発ニュース(東京電力発行)第233号 199  1年9月 
近況
安田八十五研究室:
安田研究室の軌跡
安田研究室の研究プロジェクト
研究業績
講義の紹介(2000年度)
社会人のための環境経済学(関東学院大学)
初心者のための環境経済学コース(青山学院大学)
講義の紹介(1999年以前)
新聞連載:ごみから社会を見つめ直す
質問と回答のページ
筑波大学社会工学系安田八十五研究室ホームページ
筑波大学社会工学系安田研究室(実験室)ホームページ
筑波大学社会工学系安田研究室同窓会ホームページ
関連リンク

line

このホームページに関する問い合わせは、安田 八十五の電子メールアドレスにお願いします。
http://www.yasuda85.com/yasuda85@kanto-gakuin.ac.jp.htm